魔軍師イッド強攻略


検索キーワードの一位が、タコメットになってます。
ドラクエ10を抜くとは……さすが討伐数1位ww

ゆきのタコメット討伐教室~目指せタコメット1万匹~~

既に7千くらいはいったかもw^^;

さて、今日は魔軍師イッドの話。
今更って感じな気もしますが、1,0や1,1とはかなり違うので
今のイッドを伝えられたらなぁ。と思います。
c0264468_22164259.jpg

さて、魔軍師イッド
彼はキラキラ大風車塔に住んでいて、パープルオーブを落とします
強ボスの中で一番連戦が楽ということもあり、
パープルオーブの値段は3000↓><金策として、美味しくはないです

そんな彼ですが、相当な強敵で、かつ簡単に行けるので
みんなで倒しに行くのにはもってこい!^^

魔軍師イッド強
魔兵ピプノス強
魔兵タナト強


の3体で構成されていて、

魔軍師イッド強は イオグランテ メラガイアー ディバインスペル 指パッチン 凍てつく波動 光の波動
魔兵ピプノス強は ラリホーマ マホトーン ガードマスター
魔兵タナト強は  テンションバーン ベホイム ザラキ(極まれ)

を使用します。
ザラキは使用すると聞きますが、私は見たことありませんw

攻撃力はピプ>タナ>イドの順で大きく、
イッドは10P程度のMP吸収が付加されています

全体として打撃が多い印象となりますが、
後述の物理PTで戦闘する場合は、メラガイアーイオグランテが脅威となります

さて、討伐PTですが、
有名なのが物理PTと呼ばれる武盗僧魔戦のPT
タイガークローでガシガシ攻めます

ですが、別にこれに固執する必要はないです。
正直言って、攻撃200のツメより攻撃280の棍、攻撃300の両手剣です。
MPの高いアタッカー職が3人なら、魔法戦士も不要でしょう
あ、でも僧侶は居たほうがいいです。絶対にw

さて、ここからは僧侶の装備と立ち回りについて。

僧侶の装備は定番の羽衣で行います。
これに竜のおまもりをつけて炎耐性85% 光耐性25%です
さらに、風魔の盾に魔法G、羽衣上に魔法Gで、
合計25%ほど魔法Gをつけておきましょう。
風魔・羽衣、ともに☆☆に中級成功で25%となります。
また、体下と頭に眠りガード封印ガードを付与。
場合によってめざましリング・博愛の指輪で補強。
共に80%以上、できれば100%が望ましいです

以上によって、マホトーンラリホーマメラガイアーをほぼ無効化イオグランテを半減させられます。

すべての攻撃のダメージが約100で抑えられ、
状態異常がかかりません。
これで、死ぬのは
タナトテンションバーン打撃
魅了からの痛恨
3体から集中打撃
だけとなりました。
これらは前衛に解決を任せて
僧侶は天使の守りで対策します。

立ち回りについては、
初手に祈りを使用します。
その後、適当に回復。暇を見て天使。という形。

他人の眠り・マホトンは解除しません
魅了の解除も他の仲間に任せます

重要なのはいかに自分が生きるか。ということ
一人死んだらMPなんか気にせずにベホマラ連発です。
詠唱加速があると、ピンチのベホマラザオラルが早くなって◎

魔結界でディバインスペルを打消したり、
波動を避けるのも戦術のうち。

蘇生は焦らなくても大丈夫です。
戦闘時間の半分参加でオーブは出ます。
HPマンタン、祈りあり。その状態からの蘇生が安定。

ベホマラー⇒ザオラル⇒ベホマラー
詠唱速度+があるなら、これが安定かな?

耐性さえそろえれば2発は必ず耐えるので、わーりと楽^^*

みんなでの戦いにおすすすめ。です!^^
c0264468_22183388.jpg

では!^^
[PR]
Commented by モーティマー at 2013-05-10 08:48 x
何故かコメントしたくなる今日この頃…
僕は強イッドには呪文ガードだけでいってます!w 多分強ボスの中で一番職業を気にしなくていい敵だと思いますw(金策になってくれれば最高なのですが…
Commented by yuki-dqxonly at 2013-05-10 22:59
呪文ガードだけですか!^^
猛者ですね^-!

私は完全安定僧侶を目指してます^^

職業気にしなくていいのは正論ですね^^
魔法と物理の混成PTで行ったこともありますw^^
全体攻撃が効果があるので、
たくさんの職でいけていいですね^^

……もう彼は聖水をくれるオジサンというだけでしかないw
でも、小瓶がぶ飲み機能実装により、
イッドおじさんは捨てられるのです。ご愁傷様w

てきとーに頭のネジが抜けたようなコメントをしたところで
ではでは^^!です!
by yuki-dqxonly | 2013-05-09 22:18 | ボス攻略 | Comments(2)

ドラクエ10を検証や考察を基に攻略してゆくぶろぐ。


by yuki-dqxonly