光の職人道具の作り方(速報)


こんばんは
ゆきです

光の職人道具をすこし打ってきたので
レポートを書きます

……まぁ相場が燦々たる状況で
とても利益なんで出ないんですけど……
道具職人はほんとアプデ特需と完全に無縁ですよねw


【素材】
光の職人道具の素材は
マデュライト ×12
特殊素材   ×80
汗と涙の結晶 ×30
妖精の火種  ×20

となっています
特殊素材は、大きな甲羅(ハンマー)氷の樹木(針)大きな骨(刀)
がまの油(ランプ)磨き砂(ツボ)大きな貝殻(フライパン)
です

奇跡と殆どかわってないじゃん(*'▽')!

なお奇跡の使用素材も据え置きです
光の職人道具はグランゼで1つ15万Gで売ってます

【鍛冶特性】
光の職人道具は
鍛冶特性は、「200の倍数のターンに 緑ゲージに満たない どれか1マスが
ダメージ2倍&会心率数倍の状態になる」
というものです
基本的に結構お得です。ただ、油断すると粉砕の危険が付きまといます
後半になると、どれか1マスってのが予想しやすくなるので
うまく狙いやすくなります


【光の錬金ツボの数値】
100 140
140 195
160 100
くらいが始まりだとおもいます
あんまり打ってないので正確ではない

【光の鍛冶ハンマーの数値】
120 180
230 140
160
くらいが始まりだと思います
あんまり打ってないのでこっちも正確性は保障しかねます


【光の錬金ツボの打ち方】
当面の間は光ツボを打っていきたいなと思うので
光ツボについて考察します

まず、初手について。ゆきはこれ、初手火力火力超四連でいいと思ってます
1600度の会心2倍効果がかかったゲージの
最大ダメージは94 となり、ゲージを超えることはありません

また、それで会心が出たときのダメージは
128 136 148 156 168 180 188
となっており100の部分なら確実に、140の部分なら高確率で真会心を出せます

以下の打ち方はあんまりかんがえてませんが
1400度、1200度あたりで熱風下ろし、二倍打ちを利用して
ロングショットで入れるのが基本かな。とおもっています

1400度だと 2倍が94 3倍が142 熱風が118 が非会心の最大ダメージ
会心の最少ダメージは 2倍が116 3倍が 176 熱風が 144 なので
上端が 94から117までは2倍 上端が142までは熱風 それ以上なら3倍 
を使用すれば丁度いいわけです

1.2倍技だと54~72ですので、すこし間が空きますね

まぁそんな感じで複数回狙っていくのがいいかなと

てかげんを使わないといけないような状況になったら
早めに(超えないことが前提だけど)入れてしまって
そこが会心2倍抽選に入らないようにするべきだと思います

通常で入れないといけない部分は 基本は狙いで。これも早い目に

高い温度からはじめて、熱風連打でとにかく会心2倍の恩恵を受けつつ
ゲージが超えないことは絶対条件……という形がベストなのかな。と思います

うまいひとだと6~7割? とか予想されてるので
逆算すれば、狙いや会心ターンの回数は7~8回くらいになるんでしょうか?
同じマスを複数回狙う形になりそう

では、とりまこんな感じで。


[PR]
by yuki-dqxonly | 2015-08-25 14:24 | Comments(0)

ドラクエ10を検証や考察を基に攻略してゆくぶろぐ。


by yuki-dqxonly